前へ
次へ

ターゲットと求人広告の媒体が合致した営業求人を

勇敢な戦力となってくれる営業マンを企業は求めていますが、営業の求人を出して良い人材の応募が集まるかは、求人広告の内容にもかかわっています。
一昔前なら営業の求人広告さえ出せば、人が応募してくる流れでしたが、近年はそうとも言えません。
実際に企業の採用状況としては、昔よりも厳しい状態だからです。
お金をかけて営業の求人広告を出してはみるものの、思うように求職者が応募をしてこないとなれば企業側としては悩みます。
せっかく出した求人広告なのに効果が伴わない時、営業マンは媒体の力不足と考えるかもしれません。
掘り下げて言えば求人広告を出すのがダメではなく、しっかりと広告内容を作り込む知恵と努力が必要です。
優秀な営業マンを期待しているのに、求職者からなかなかリアクションが無い場合、もしかしたらターゲットと求人媒体が合っていない可能性もあります。
求人媒体には転職系のサイトだけではなく、新卒系や派遣系に医療や介護系などあるので、ミスマッチではないかもチェックです。

Page Top